少子化から見えるこれからの日本

現在の日本において、少子化はとても深刻な問題だと私は思います。これから先どんどんと高齢化、そして少子化が進んでいくことでしょう。そうした時に問題となるのが、「年金問題」です。今はまだ大きな問題ではないかもしれません。しかし5年後、10年後年金を受け取る側が増えるのに納める側は減る一方。最終的に今の納税者は年金を受け取れないのでは?という不安が拭いきれません。ではどうするべきか?まずは子どもの数を増やしていかなければいけません。その為には子どもを産んでも大丈夫な世の中を作っていかなければいけないと思います。私の住む地域では出産の補助金は出ますが、結局足が出て補助金だけでは足りずに支払う事になりました。その後の育児にもやはりお金はかかりますし、子どもをどんどん増やして…という考えには経済的にもなれません。子どもを増やしていくためにはやはり子どもの対しての補助や助成金等、政治の面から改善していかなければいけないと思います。
現在の日本の状況下では子どもを増やすことでリスクが増えるという頭になってしまいます。少しでも先の日本の事を考えるのであれば、もっと子どもに対して税金を使っていくべきだと思います。
ヒアロディープパッチ 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です