転職エージェントは複数社利用しよう

転職エージェントを利用する場合、複数のエージェントを同時に利用することで転職活動をよりスムーズに進めることができます。
複数のエージェントを利用することには、次のような3つのメリットがあります。
まず、良い求人の見逃しを防げることです。
それぞれのエージェントごとに、そこでしか扱っていない限定求人があります。
一社だけの登録では、そうした限定求人を逃してしまう可能性が高くなってしまいます。
複数のエージェントを利用することで、限定求人を逃してしまうことを避けられます。
二番目のポイントは、多角的な情報を得られることです。
転職活動を進める上では、応募先企業の情報を集めて自分なりの分析をすることが必須です。
エージェントはそれぞれ独自の情報網をもっているので、複数のエージェントから応募を考えている企業の情報を集めましょう。
多角的な情報が集まるので、一社だけのエージェントを
使っている人よりも情報戦で優位に立てます。
加えて、企業のことを深く知ることで入社後のギャップに戸惑うリスクの軽減も期待できます。
広く情報を集めることは、転職市場を勝ち抜く上でも入社後を見据える上でも大切なのです。
最後に、複数のエージェントは自己理解を深くし、その後のキャリアを考える上でも役立ちます。
エージェントによって、あなたの強みに関する分析や進めてくる企業は違うでしょう。
転職活動を通じて、いくつもの他者からの自分がどのように見られているのかを考える機会が増えます。
客観的な立場から自分を見つめ直すことで、自己理解が深まり今後のキャリアを考える助けになります。
将来を考える上では、なるべく多くの視点から自分自身を分析してもらうことが大いに役立つのです。
さて、複数のエージェントを利用する際には注意点があります。
それは、予め複数のエージェントを利用していることを各社に伝えておくことです。
これをしないと、同じ企業を紹介されたりと非常に転職活動の効率が悪くなってしまいますよ。
掛け持ちは悪いことではないので、きちんと伝えておきましょう。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

転職活動で必要な視点

転職先を自分が選定する時に、自分がその仕事をしたいかどうか、その条件が好ましいかどうかは当然考えます。
しかし、本当に転職に成功したいならば、も一つ見落としてはいけない大事な視点があります。

貴方が考えている転職先は、その求人において、何を求めているかと言う視点です。
勿論、年齢だとか、資格だとか、一通りの社会通念上記載すべきことは表記されていると思います。

その表記されていることから推し量って、何が一番必要なのか、何に一番困っているのか?
そこを読み取った上で、自分と言う人材が、それを備えた人材であるかどうかと言う視点です。

求人概要で、自分が該当したからと言っても、読み取りが浅ければ、
ヘタな鉄砲も数撃てば・・・的なことになります。

私は、三十数年の看護師生活で、何度か転職しましたが、不採用になったことは一度もありません。
それは、私が優秀だからでは無く、その職場が求めている人材について、優先されることは何かと言うことを察知してから先んじて求職先を選んだからです。

例えば、そこの責任者が何処を卒業しているかも関連してきます。
同窓を優遇する所は多いです。
若しくは、以前、共通の職場があっても好ましい場合があります。

若いスタッフに馴染みやすいように同世代を求めているかもしれません。
イエスマンのような人材を好ましいと考えるトップかもしれません。
即戦力になる経験者こそ、最も欲しい人材だとしている所もあります。

可能な限り、それらを事前に知ることです。
その上で自分が該当するか?
その上で自分が働きたい職場であるか?
先ずは、自問自答してみることです。

それから、面接に臨むのであれば、自ずと、自分の強みを表現することができます。
根拠のある自信を持って、堂々と自分を売り込むことができる訳です。

求人書類にある表面的な記載だけで右往左往せずに、
そこから更に読み取ってください。

また、自分という人材がどのような人材であるのか、
俯瞰した視点で把握してこそ、正しい求職活動ができる訳です。

そして、そうして得た職場は、
真に貴方に適した職場と言うことになります。

産業医への転職

私の転職経験

私は現在、45歳の中年男性です。
新卒として仕事をはじめてから、気が付けば既に約20年が経過しようとしています。
私はこれまでいくつかの会社に務めてきました。
所属してきた企業はこれまでに6社となります。
最も長く務めたところは1つ前で約13年勤務しました。
ここでは管理職も経験し、部を統括してきました。私はここで、マネージメントがなんたるかを経験しました。
ここを退職したのは、業績不振により辞めざるを得なくなったからです。
現在、この会社自体は残っているようですが、私がかつて所属し、統括してきた部署は既にありません。
会社は生き物だと感じました。

そして2番目に長く務めているのが、現在の会社です。
38歳で転職しました。
入社してから早や7年となります。40歳手前での転職から現在までは、あっという間でした。
ここまでキャリアもあり、即戦力として求められていたので、意外と違和感なくここまでやってきました。

業種は、システム開発会社です。
私はこれまでいくつもの会社に所属してきましたが、
私が行ってきた仕事は、全てIT関連の仕事です。
役割的にはエンジニアか、社内SEか、マネージャーというところです。
そういう意味では、業種的には一貫してブレずに仕事をしてきました。

エンジニアは現在も売り手市場なので、幸いにも仕事は選べる状況と言えます。

前社までの転職は、それ以前の仕事のコネクションにて転職をしてきました。
つまり、自分から市場に出ている求人情報を探すことなくきました。
私が求人情報から入社した会社は一社目と現在の会社のみです。
現在の会社は、某大手転職支援サービス会社を利用しました。
今の会社に入る時にはじめて転職支援サービスを経験しましたが、結果が出たので良かったと思います。
予想外だったのは想定していたより、ずっと早く仕事が決まったことです。
初回の面談に伺ってから、わずか4週間で決まりました。

システム系は今は引手あまたですが、同じように医師や看護師薬剤師なども引手あまたと聞きます。
転職しようか悩むくらいなら、まずは転職支援サービスに登録しておいたほうがいいでしょう。

医師の転職におすすめのサイトです。
医師転職サイトランキング2018|医師転職・医師求人・医師募集